?

Log in

No account? Create an account
2017.07.08 「ZEPP NAGOYA 1日目」 - nepenthes59 [entries|archive|friends|userinfo]
nepenthes59

[ userinfo | livejournal userinfo ]
[ archive | journal archive ]

2017.07.08 「ZEPP NAGOYA 1日目」 [Jul. 11th, 2017|05:18 pm]
nepenthes59
[Tags|]

ZEPP NAGOYA 1日目です。

20170708-01.jpg
VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD2ヵ所目、
1年振りとなる名古屋へやってまいりました。
会場に入ると、メンバーたちを迎えてくれたのは。。。

20170708-01.jpg

はい、こちら!
「ようこそ名古屋」です。
しゃちほこも反っております。
ZEPP NAGOYAのみなさんの愛情がたっぷりです。
いつも本当にありがとうございます。
会場に入ると、すぐにステージセットを確認していたHYDE。
ZEPP TOKYOから
さらにブラッシュアップされたステージセットを確認し、
楽屋に戻って再び舞台監督と打ち合わせ。

20170708-002.jpg

どうやら気になる部分があるようで
さらに修正を加えることに。
このセット、本当に細部にまでHYDEのこだわりが詰まった
ステージセットなのであります。
さて、そんなこんなで
初日はいつもあっという間に本番の時間がやってきます。
ということで、はいチーズ!

20170708-03.jpg

いつもはステージ袖などで撮影されている
ライヴ直前の記念写真。
なんとこの日は、
まだ外は明るいし、ツアートラックの前で撮りましょ〜、
ということで、駐車場に停めている
ツアートラックの前で撮影することに。
トラックの反対側は道路ですからね。
ファンのみなさんがいるかもしれませんからね。
ちょっぴりドキドキですね。
そして、名古屋初日のライヴがスタート!
20170708-04.jpg

名古屋では初披露となる
ニュー・アルバム『UNDERWORLD』の楽曲たちですが
会場は初披露とは思えないほどの熱狂ぶり。
この日、ライヴ前にHYBLOGで書かれていた
HYDEの「ダイヴ、モッシュについての意見。」というコメント。
ライヴのMCでも
「VAMPSに不可能を作りたくないんで、
みんなで勝ち取ってもらいたいと思います」
と言っていたHYDE。
VAMPSのライヴを愛するが故の百人百様の想い。
9年かけてVAMPSとBLOODSUCKERSで築いてきた絆があれば
きっと乗り越えられるはずだと信じつつ、
「俺たちならできるよな!」
「全員で一緒に行こうぜ!」
というHYDEの声が、いつも以上に心に響いた夜でありました。
さて、ライヴ本編が終わり、一旦楽屋に戻ったメンバーたち。
するとK.A.Zが、
差し入れで置いてあった、ういろうをパクリ。
20170708-05.jpg

今!?」と、メンバーも驚愕の
マイペースK.A.Zでありました。
まだアンコール、残ってますからねー!
そしてライヴ終了後、
会場を出るHYDEの手には水鉄砲が!
20170708-06.jpg

「明日もよろしくね〜!」
明日のライヴも
BLOODSUCKERSのみなさん全員が笑顔でいられますように。
首洗って待っててくださいねー!
LinkReply

Comments:
[User Picture]From: viktorhydevil
2017-07-16 12:53 am (UTC)
new live report :)
(Reply) (Thread)
[User Picture]From: tsuki_626
2017-07-19 01:00 am (UTC)
thanks for continuing to post these. ^ ^
(Reply) (Thread)